RSIで利益UP!?

RSIはボリンジャーバンドと
並ぶオシレーター系の代表的なテクニカル分析!

●RSIで逆張りを狙う戦略

・RSIは売られすぎか買われすぎかを判断
RCI
RSIを日本語にすると「相対力指数」
という意味で現在の為替レートが
「売られすぎか」「買われすぎか」
を判断するのに使われます!
RSIは0%から100%まで幅のあるグラフで表示され
100%に近づけば「買われすぎ」、
0%に近づけば「売られすぎ」という見方をします(*´ェ`*)
一般的な基準としては70%程度なら「売り」のサイン、
30%程度なら「買い」のサインと言われています♡

●逆張り方向のオプション購入にRSIは使える

・RSIは逆張りのバイナリーオプション戦略
「売られすぎ」か「買われすぎ」かを
判断するオシレーター系テクニカルであるRSIは
逆張りのタイミングを計るのに役立ちます(*´ェ`*)
「売られすぎ」なら買い、「買われすぎ」なら売りの姿勢で
取引するタイミングの参考になります!
ただし問題点もあるので注意が必要!
RSIが反転すると予想して、
その予想が外れたときは
ズルズルと大きな損失を
出してしまうことが起こりがちです・・・。
通常のFX取引では損小利大が基本なので
RSI単体では少し不安があるのも事実です!
しかしその点、リスクが限定されているバイナリー取引では
そのデメリットが大きく緩和されます!
バイナリー取引時はRSIのように相場の反転タイミングを予想し
逆張り方向のオプションチケットを
購入する戦略が適してるのではないでしょうか 😊
似たような動きをするテクニカル分析の一つに
ストキャスティクスというものがあります!
RSIと2つあわせて使ってみると
精度が上がるかもしれませんよー!
さらにボリンジャーバンドなど
他のテクニカル分析とも相性を見ながら取引してみると
勝率がグンと上がるかも知れませんよー!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    美肌、美髪目指して奮闘してます! 綺麗、可愛くなりたく頑張ってます! 皆さんの役に立てる記事書いて行きますので、参考になれば嬉しいです!