知っていないと損する?ボリンジャーバンド!

今日は少し難しいかもしれませんが

頑張って覚えていきましょう✨

覚えたらあなたも億り人になれるかも!?

●ボリンジャーバンド分析での逆張り方法 

ボリンジャーでトレンドの転換点を読みましょう !

順張りと逆張りどちらもそうですが、

分析してどう相場が動くかを予想するのは正直難しいです!

ですがバイナリーで投資をしていく場合、

それを乗り越えて分析精度を上げて、

勝率を上げていくしかないです!!

その際、逆張りの判断基準として

ひとつの材料に使えるのがボリンジャーバンドです!

ボリンジャーバンドは移動平均線と

その標準偏差を利用する

オシレーター系のテクニカル指標です!

トレンドの転換点を読む

テクニカルとしては代表格なので標準以上の機能を備えた

チャートツールなら大抵搭載されてます!

私が使ってるツールももちろん搭載してます😊

わかりやすく説明していきますね!

基本的な使い方は移動平均線とその上下の補助線の幅、

現在のレートとのギャップを見ることで

相場の転換を予想していきます!

たくさん存在する指標ですが、

このボリンジャーバンドは逆張りと相性がいいです♡

そもそもボリンジャーバンドというのは、

移動平均線を中心に上下の値動きの幅を統計学的に考え

移動平均線からローソク足が

離れる限界点を補助線として示したものです!

この補助線を「σ(シグマ)」と呼び、

移動平均線の上にある近いほうの補助線を「+σ」、

さらにその上の線を「+2σ」と呼びます❢❢

逆に下にある補助線は「-σ」、

その外側が「-2σ」となっています!

ボリンジャーバンドでは「+2σ」に

ローソク足が触れると反落し、

逆に「-2σ」に触れれば反騰の

可能性が出てくると考えます😊

ですので、逆張りの手法にぴったりなんです!

この外側の補助線にローソク足が

触れるポイントが見つかった場合は

順張りではなく逆張りで予想するほうが

利益を出せる可能性が出てくるというわけです!

ボリンジャーで逆張りの戦術 

まずボリンジャーバンドの特徴として、

レンジ相場中はバンドの幅が狭くなっていくんです!

狭くなった状態はこれから相場が

動き出す力を貯めている状態で、

そろそろ変動するかも知れない
という合図になります!

次に中心の移動平均線から補助線(1σ、2σ、3σ)

に現在の値がタッチした時なんですが
相場がレンジ状態の時にこの補助線にタッチした場合

かなりの高確率で反転のタイミングとなります!

設定や状況によって

変わりますが2本目の補助線2σに
タッチした場合は90%以上の

精度を見せることもあります♡

この2つを合わせ考えてレンジ相場のときに

ボリンジャーバンドを使い、
現在のレートが補助線に
タッチするタイミングを狙えば

高確率で逆張りの取引が
狙えるということですね(*^^*)

ボリンジャーバンドで逆張りをする手順 

 

バイナリーにおいてボリンジャーバンドを

使って逆張りをする手順です。

例えば👇

相場が上昇トレンドにあるときに
判定時間まで残りわずかとなりました。

このタイミングで購入することにします。

そのとき上昇トレンドでありながらローソク足が

ボリンジャーバンドの「+2σ」の補助線に触れました!

こうなれば反落のポイントに触れたことになるので

予測は「下がる」になるわけです😊

まさに逆張りで購入するというわけです!

逆に下降トレンド

これを理解できたあなたは億り人に近づきましたね!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美肌、美髪目指して奮闘してます! 綺麗、可愛くなりたく頑張ってます! 皆さんの役に立てる記事書いて行きますので、参考になれば嬉しいです!