【アンチエイジングってよく聞くけど、意味ってしってる?】その1

あなたは、アンチエイジングって聞くと何を思い浮かべますか?ダイエット?食事制限?老化予防など、様々なことに対して使われている言葉ですよね。今回の記事ではアンチエイジングを詳しく掘り下げていこうと思います。意味が分かれば美肌の対策もできますし、健康になれますし、良いことばかりなので一緒に勉強しましょう。

【気になる顔のたるみ、むくみ改善?】今からできる対策!

2019.04.04

【シミ・そばかすで悩んでる方必見】原因と対処法のまとめ

2019.03.21

アンチエイジングとは?

まずは、アンチエイジングとは何か?説明していきます。すでに知ってる方は多いかとは思いますがそんな方は復習する感じで流し読みしてください。アンチエイジング、(Anti-Aging)アンチは抗体、反抗という意味で、エイジングは「抗老化、抗加齢と言われています。アンチエイジングはよく美容の世界でよく耳にする言葉ですが、実は美容以外にもよく使われてる言葉です。例えば、骨折やガン、脳梗塞などの病気を防いで、健康で長生きするための医療行為を行うことが根本になります。その結果として、姿勢が良くなり、精神もは落ち着いて、若々しく美しく見えるようになる。これが本来のアンチエイジングです」

老化の原因

そもそも老化とは、細胞ひとつひとつの機能が低下し、同時に体のさまざまな部分の機能も低下してしまうことです。例えば老化によるシワやたるみは、細胞機能の低下に伴う、角質層の機能や脂分の分泌機能の低下が原因のひとつです。

活性酸素と体

老化で最も、直接的に体に関係してくるのは活性酸素です、いわゆる酸化になります。活性酸素は体の中に侵入してきたウイルスを退治してくれる役割があるのですが、ストレスや年齢によって活性酸素を消去する酵素などの働きも弱まることにで活性酸素が体内に多く残るようになり、健康な細胞まで酸化させてしまし老化を進行させます。

体の酸化の予防

老化を早めるとされる悪玉菌AGE(終末糖化産物)。悪玉菌とは体内の血糖値が急激に上がった時に体の中で作られるものです。AGEはタンパク質にくっつきます、そして変性して動脈硬化や認知症、がんなど、さまざまな病気を引き起こすかもしれません。また、コラーゲンも破壊していくので肌の弾力や、ハリなどを失う可能性があります。先程、血糖値が上がると体内で作られると言いましたが、身近な食べ物の中にも潜んでいます。それは、トーストやおこげの焦げの部分です。褐色の色のものがそうです。

ホルモンの減少

ホルモンの減少も老化を進行させる要因になります。年齢とともにホルモンも減少していきます。ホルモンの役割としては肌艶、髪の毛や爪のしなやかさ、骨関節を健康に保つ、精神的に元気にする、また脳を物忘れから守ったりするものです。

アンチエイジングの効能

アンチエイジングには様々な効果があります。例えば、美容関係、歳を重ねても健康で過ごせるなど私達に欠かせない物になります。アンチエイジングがうまく体の中で作用すれば美肌になれたり、実年齢より若く見えたり、発病リスクの軽減、健康寿命を延ばすことができます。

アンチエイジングと食事

朝、昼、夜、1日3回決まった時間に食べるようにしましょう。とくに朝食は大切です。朝食を抜くと、低血糖の状態が続いてしまい、血糖を補うインスリン拮抗ホルモンが大量に分泌されます。その後、昼食を食べると血糖値が急上昇し、血糖値を下げるインスリンが分泌されます。血糖値の激しいアップダウンは、体調不良の一因になります。また、次の食事までの時間が長くなると、血糖値が低い状態が続き、脳が強い飢餓感を感じます。そうすると食欲のコントロールができなくなり、ドカ食いをし、結果太りやすくなってしまうのです。その上、体温が低くなり、基礎代謝が低くなってしまうこともあるので食事は決まった時間に3食摂るようにしましょう。

アンチエイジングと食べ物

肉、魚、卵などの良質な動物性タンパク質には、肌のハリをつくるコラーゲンの材料となるアミノ酸を含んでいます。野菜やきのこ、海藻類のビタミンやミネラル類にはビタミンやミネラルには抗酸化作用のある食べ物が多いのでバランスよく摂取できます。大豆や大豆製品などの大豆イソフラボンといったバランスのいい物を極力摂取するようにしましょう。大豆イソフラボンには、美肌づくりを始め女性に欠かせないエストロゲンという、ホルモンとよく似た作用がありるのでお肌で悩んでる方は毎日摂取したいものになります。多くの栄養やビタミン、ミネラル類などを含んでいるスーパーフードも最近ではスーパーで買えたりするようになってるので、忙しい方で栄養が偏ってる方は積極的に摂るようにしましょう。

アンチエイジングと飲み物

  • アルカリ性で硬水のミネラルウォーター・・・ミネラルを含むミネラルウォーターは、アルカリ性で硬水がオススメ。アルカリ性は抗酸化力が強く、硬水はカルシウムが多く含まれているためです。

  • 抗酸化作用がある緑茶のカテキン・・・最も手軽な飲み物である緑茶も、アンチエイジング効果が期待できます。緑茶には、カテキンや食物繊維、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなど多くの抗酸化力のある成分が含まれており、特に体のサビつき予防効果、脂肪燃焼効果などが期待できます。

  • 長寿遺伝子を活性化させ、抗酸化作用がある赤ワイン・・・お酒を飲むなら、赤ワインがオススメです。赤ワインには長寿遺伝子を活性化するレスベラトロールを含んでいます。また、ポリフェノールも豊富です。ポリフェノールは強い抗酸化作用を持ち、ある程度の動脈硬化予防効果が期待できます。

アンチエイジングは自分に合った方法で

いくら体にいいからと言って、やり過ぎや無理な食生活にしてストレスを感じてしまっては意味がありません。まず、あなたができることから試していきましょう。今日は、飲み物に意識してみ、明日は良質なタンパク質を摂ろう!など、すぐできそうなことからでいいので習慣付けるようにしていきましょう。

【気になる顔のたるみ、むくみ改善?】今からできる対策!

2019.04.04

【シミ・そばかすで悩んでる方必見】原因と対処法のまとめ

2019.03.21


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美肌、美髪目指して奮闘してます! 綺麗、可愛くなりたく頑張ってます! 皆さんの役に立てる記事書いて行きますので、参考になれば嬉しいです!